---

大阪大学大学院医学系研究科
血液・腫瘍内科学

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-2

TEL:06-6879-3871
FAX:06-6879-3879
ikyoku@bldon.med.osaka-u.ac.jp

友だち追加

W-JHSの医師主導型臨床研究

W-JHSの現在行われている医師主導型臨床試験 ◀ R1.11月更新

W-JHSの終了した医師主導型臨床試験 ◀ R1.11月更新


W-JHSの現在行われている医師主導型臨床試験
承認番号
課題名
研究実施期間 研究の
種類
jRCTs071190019 少量レナリドミド療法に再発・難治性となった MM 患者に対する ILd 療法の効果と安全性《MM02》 2019/07/01-
2025/06/30
介入
18015 非重症再生不良性貧血に対するシクロスポリン療法の有用性に関する検討 《AA 01》 2018/07/13-
2022/03/31
介入
jRCTs071180011
(旧承認番号:16536)
移植非適応初発多発性骨髄腫患者に対するレナリドミド-デキサメタゾン(Rd)療法に効果不十分の症例に対しボルテゾミブを追加するレスポンスガイドセラピーの有用性と安全性《MM01》 2017/05/26-
2026/05/31
介入
jRCTs071180016
(旧承認番号:16049)
低リスク骨髄異形成症候群におけるダルペポエチン アルファに対する反応性に関する解析《MDS01》 2016/07/27-
2021/03/31
エントリー終了
観察
2019年11月現在

W-JHSの終了した医師主導型臨床試験
承認番号
課題名
研究実施期間 研究の
種類
11270 イマチニブまたはニロチニブ治療により分子遺伝学的完全寛解(Complete Molecular Response; CMR)に到達している慢性期慢性骨髄性白血病患者を対象としたニロチニブ投与中止後の安全性と有効性を検討する多施設共同第Ⅱ相臨床試験−Stop Nilotinib trial 《NILSt trial》−(NILSt試験) 2012/02/15-
2019/03/31
介入
14021 初回再発・再燃濾泡性リンパ腫に対するBendamustine+Rituximab療法終了後のFDG-PET/CTを用いた研究《NHL-01》
登録期間:
2014/07/24-
2016/01/31
追跡調査:
2014/07/24-
2017/12/31
介入
11271イマチニブ治療により分子遺伝学的大寛解(Major Molecular Response: MMR)に到達している慢性期慢性骨髄性白血病患者を対象としたニロチニブの安全性と有効性を検討する多施設共同第Ⅱ相臨床試験−Switch to Nilotinib trial 《NILSw trial》−
2012/02/15-
2015/12/31
介入
2019年11月現在
▲TOPへ戻る